50代シングルマザーのチャレンジ人生

人生も後半、下流老人にならないため、人生をもっと豊かにするために奮闘する50代女性のブログです。

50代女性はどっちを選ぶ?白髪染め vs. グレイヘア



こんにちは、この前の日曜日にBATICという国際会計検定を受験してきたチャレンジマザーノーティです♪

感想は別記事で書こうと思います。


f:id:challengemom:20191217072650j:plain
ある日曜日の海



今日は美容関連の話題です。

グレイヘア


最近Yahoo!ニュースの記事で見かけたのですが、グレイヘアが流行しているみたいですね。
フリーアナウンサー近藤サトさんがグレイヘアで注目されています。

Q2-Gray-hair-337x450

グレイヘアが似合う人


確かに素敵ですが、それは彼女が元々美しい人だということ、そして髪型・ファッションやお化粧、それらが全て完璧だからこそです。
一般の同年齢(51歳だそうです)の女性が白髪染めしていなければ、白髪染めもしないで身の周りに気を使わない、ただのおばさんとして見られてしまいます。


近藤さんはきれいですが、それでも51歳には見えません。
私の感想では60歳以上に見えちゃいます。

これまでたくさんの白髪の人を見た経験から、あれだけ白髪が多かったらそのくらいの年齢だろうという認識ができちゃってますよね。


また、日本人は髪が黒いので、黒髪に白髪が混じっている状態はあまりきれいに見えません。
欧米人の金髪や明るい栗毛、赤毛だったら、白髪が混じってもそんなに違和感がありません。
汚くないという感じです。

特に金髪だったら白髪が混じっても本人もわからないくらいなのではないかと思います。
これならいつの間にか白髪になっていた、なんてこともあるんじゃないでしょうか。




似合う vs 老け


同じくフリーアナウンサー安藤裕子さんは髪が黒いですが、私の感想では、グレイヘアが目立つ近藤サトさんと比べたら安藤さんの方が若く見えます。

彼女は近藤さんよりも10歳年上の61歳です。


こうして比べてしまうと、やっぱりグレイヘアにするのはかなり勇気が要ります。


グローリン・ワンクロス

ノーティのヘア現状


私はこの二人の中間の年代ですが、40代半ばから白髪が目立ち始めたので、それ以降は白髪染めが欠かせません。
月1のリタッチ(根元を染めること)、前髪を上げておでこを出しているので、その半月後には顔回りに目立つ白髪だけ染めています。

最初は面倒ですが、習慣にしてしまえばなんてこと無いです。


もちろん自分で染めてます。
美容院で染めたら結構なお値段しますよね?

美容院のため時間を作って予約して毎月1万円使ってって、時間もお金も勿体な過ぎて無理です。


使うのはドラッグストアにある高くない白髪染め商品を使っています。



これならお風呂に入る前の30分で済みます。

気になったらいつでもできちゃいます。


白髪染めを1か月怠ったら、顔回りに白髪が目立ってしまい、とんでもなく老けてしまいます。
2か月しなかったら、頭頂部がプリン状態になってしまってだらしなく見えます。


恐らく白髪染めしていなければ半分は白いかもしれません。
ずっと染め続けているので、事実は不明です。


髪萌

白髪染めしない人達


白髪染めしないけどヘアスタイルに気を使っていて、ファッションもおしゃれな人って、女性が大勢いる私の職場では見たことありませんし、職場以外で見るのは明らかに60歳を過ぎているかなあと思われるご婦人達です。

もしかしたら、その人達は実は40代、50代だったのかも??

もし40代、50代でグレイヘアを選択して、でもおしゃれにはとても気を配っている人にしたら、そう思われている時点でちょっとショックですよね。


正直なところ、ほとんどの白髪染めしていない人は身の回りに気を使わないタイプの人のように見えます。
これは私の感じたままなのですが、恐らく一般的な感想だと思います。

それってグレイヘアにしてると言わないですよね。


日本語でグレイヘア(グレーヘア)というとおしゃれな人という印象ですが、そういうのは実際に白髪染めしていない人たちの中のほんの一握りの人たちです。

ほとんどの人は単に白髪を気にしていなかったり、面倒だと感じている人に見えます。


私の知り合いに40代の女性がいますが、その方も白髪染めしていません。
白髪染めをしない人は髪が黒いので、白髪が目立ちます。

その人を含めた知り合い仲間の男性が、「なんで染めないんだろう?美人なのに老けて見えて損してる。」と言っていました。
白髪染めしていないその女性は既婚ですから、旦那様以外の男性からどう思わようが関係ないのかもしれませんが、結婚していようがいまいが、異性から良く思われることは悪くないことだと思うんですよね。

他人事ながら、勿体ないなあと思います。


クロエベール_濃く・うる艶髪

70歳でグレイヘアを選択予定


私は70歳までは白髪染めを続けて、それ以降は白髪に近いカラーへ段階的に変えて行こうと思っています。

その頃にはきっとすべて白髪になっているでしょうから、そしたら逆にキレイですよね。
もちろん艶を保つためのお手入れも必要になるのかなあと思います。


時々、少し紫がかった美しい白髪の年配の女性を見かけることがありますが、あんな風に上品なヘアカラーにできたら良いなと思っています。


残りの人生白髪染めが続くと思うとちょっと辛いですが、誰が見ても清潔感のあるおばさんくらいには見られたいのでやるっきゃないですね。


ブラックアゲインEX

一般的なヘアカラーへの不安


ヘアカラー薬品に含まれる毒性や発がん性のリスクを考えて「白髪染めしない」宣言をする人も多いようです。

なぜなら、フィンランド、そしてアメリカの研究で『日常的に髪を染めている人は、乳がん、膀胱がんなどの癌になるリスクが高くなる』という結果が出ているからです。

https://kininal.me/hair-dyes-cause-cancer/


がん以外にも、手荒れや頭皮のアレルギーなどもありますね。

ただ、そんなに身体に悪い物が何十年も市販品として簡単に手に入る状態に放置されているものなのか、疑問です。




ヘアカラーだけじゃない身体に良くないもの


この世の中、身体に良くないと言われていながら簡単に手に入るものは数多くあります。


食品なら、食品添加物が入ったハムやソーセージと言った加工肉、魚に含まれる水銀、農薬を使った野菜、etc.
飲み薬・・・大量に摂取すれば危険
除草剤、カビ取り剤などの薬品
たばこ・・・小さい子が間違って食べたら危険

結局、どんなものでも間違った使い方をすれば ”危険なモノ”になってしまいます。


グロキシルサプリメント

がんになるリスク vs 老けて見えるリスク


私は、白髪染め、ヘアカラー製品もこれらと同じように、一度に大量に使うのでなければ、すぐに「がん」になるなどの影響は無いと考えています。


私の白髪染めの使用頻度は高い方かもしれません。


30年間月2で使用していたら 2回✖12か月✖30年=720回

今のところ白髪染めを10年以上使っていてもアレルギーや手荒れなど出ていませんので、私の場合はもしかしたら今後がんになるかもしれないリスクはあるかもしれません。



ただ、自分以外の家族を巻き込むわけではないし、30年の間にがん以外の危険リスクは様々あります。

交通事故、それ以外の不慮の事故、白髪染めで発生すると言われる乳がん、膀胱がん以外の病気、自然災害、etc.


こう考えたら、白髪染めでがんになるリスクを恐れて、白髪染めしないで老けて見えるリスクを取る理由は全くありません。


白髪頭だったら、知らない人からおばあちゃんと言われそうじゃないですか?



あなたは白髪染めする派ですか?

それともグレイヘア派ですか?





いかがでしたか?
この記事が皆さんの白髪染めをどうするかについての参考になれば嬉しいです。(*^^*)



それでは♪

MARY(メアリー)

challengemom.hatenablog.com

challengemom.hatenablog.com