50代シングルマザーのチャレンジ人生

人生も後半、下流老人にならないため、人生をもっと豊かにするために奮闘する50代女性のブログです。

40代50代のVIO永久脱毛 、デリケートゾーンと襟足は白髪になる前に♪



こんにちは、やっと日商簿記検定2級に合格できてホッと一安心のチャレンジママノーティです。


今日は40代、50代女性の大切な美容のお話です。

40代50代のVIO永久脱毛 、デリケートゾーンと襟足は白髪になる前に♪



今日は美容関連の話題です。

40代50代のVIO永久脱毛 、VラインIラインOラインのアンダーヘアと襟足は白髪になる前に♪


3月に入り、日も延びてだいぶ暖かくなってきましたね。

春と言えば、上着を脱いで薄着になる季節、つまり、そろそろ肌を見せることが多くなる時期に入ります。


肌見せ、色々困ることも多くなりますよね。

日焼けも40代、50代の女性には大敵ですが、それ以上に気になるのはムダ毛のお手入れではないでしょうか?

40代後半から50代まではVIOと襟足の永久脱毛最後のチャンス


すでに脇のムダ毛は処理されている方は多いかもしれませんが、ここ数年は温泉ブームやスーパー銭湯、スパと言った施設がたくさん出来て、友人やご主人と出かける機会も多いですよね。


また、夏にはお子さんやお孫さんと一緒にプールや海へ行く機会もあるかもしれません。

ジムやスポーツクラブへ通う方も増えています。
女性のジム用ウエアは最近はタンクトップやスポーツブラタイプが大人気です。
また、そこで利用するサウナで裸になることもありますよね。


となると、やはり露出する部分のムダ毛はとても気になります。
腕やすね、背中や襟足、スポブラの場合だとお腹の毛とか。


頻繁に露出させることはありませんが、下半身、デリケートゾーンのムダ毛が多いと気になりますよね。
実は、女性が一番気にしているのはVIO、アンダーヘアではないでしょうか。


出かける前にカミソリでお手入れされるのでしょうか?


温泉やスパ、プールや海水浴へお出かけすることは無いと思っても、いつ何があるかわかりません。


もしかしたら、突然素敵な男性と運命の出会いがあるかもしれませんし、あまり考えたくはありませんが、この先自分が介護される立場になるかもしれないし、また何らかの事故にあって手術台に上ることがあるかもしれません。

そんな時、後になって「早めに脱毛処理していれば」と思っても後の祭りです。


VIO永久脱毛、Vライン、Iライン、Oラインを見せるのは恥ずかしい?


VIO永久脱毛をする場合はどうしても避けて通れない難関です。

後々のために、今、恥を捨てることができるかどうかです。


脱毛クリニックやエステサロンの施術者の方たちは毎日何人ものデリケートゾーンを見ていますから、機械的に処理を進めるだけです。

お客様のあそこの部分がどうだとか、全く気にしません。

彼女たち(ほぼ100%女性が行うはずです)には仕事ですから、患者さんやお客様が恥ずかしいと思っていることもわかっていますので、患者さんやお客様がリラックスして受けられるよう配慮して進めてくれます。


気にしているのは本人ばかりなり、です。


そんなことを気にするより、将来の万が一を心配した方が良いかもしれません。


介護される立場になったら、場合によっては介護士さんが男性のこともあるでしょう。
事故にあって瀕死の状態だったら、救急隊の方に命を救ってもらうことが第一です。


VIOの脱毛処理をしていないのが普通ですし、介護士さんや救急隊、お医者様はそれが仕事ですから気にしませんが、その時自分がどう感じるかです。


万が一の場合に恥ずかしい思いをしたくない、迷惑を掛けたくないと思うなら、事前に心の準備ができるクリニックやエステサロンで処理をして置く方が良くないですか?


白髪は脱毛できない!


特に40代になると白髪が増えてきますが、白髪は脱毛できないって知ってますか?

厳密には、針脱毛できるのですが、針脱毛だと1本1本の処置になるので、抜く白髪の本数で費用が決まるようです。
そんなに無いと思っても、意外と髪の本数って多いです。
それに、白髪が増えた後だと気が遠くなるほど時間が掛かりそうです。

針を毛穴に刺して毛根を焼くのですから痛みも強そうですよね。><;
やけども心配です。


ムダ毛が気になるなら、白髪になる前にレーザー脱毛か光脱毛で処理をされる方が良いです。


ノーティのVIO脱毛事情


私は以前ブログでこのような記事を書きました。


challengemom.hatenablog.com


私は40代を過ぎた頃から、身体全体の毛が薄くなっているように感じています。

毛深い私としてはすごくありがたいことです。
でも、だからと言って全く無くなるわけではないんですよね。

すね毛や眉毛は本当に気にならなくなりましたが、永久脱毛を考えるほどアンダーヘアや襟足は結構残っていたんです。


ノーティ10代20代の頃の脱毛事情---太くて黒い剛毛との闘い


10代20代の頃は腋毛もすね毛も男性並みにあって、黒くゴワゴワの毛が生えていました。
毎日のようにお風呂でカミソリで剃るか、脱毛ワックスで抜いていました。

脱毛ワックスが熱過ぎてやけど寸前だったりとか、笑えないですよね。^^;



すね毛や腋毛だけでなく、デリケートゾーンもものすごく多かったので、水着になればVライン、Iラインの外側に何本か生えているし、隠れてはいますが、Oラインにも結構生えていました。

水着になる時や温泉に行く機会がある時は、カミソリで処理していたんです。


その頃はサロンやクリニックでの脱毛なんて情報もあまり無く、高額なローンを組まないとできないこともあり、脇だけはクリニックでやりましたが、それ以外の部位は全く選択肢に入ってなかったです。

ノーティ30代以降の脱毛事情---まだまだ剛毛との闘い


30代の頃は子育てで忙しく、美容や脱毛のことなんて考える暇がありませんでした。

40代になると子育ても一段落し、派遣で仕事を始め、身だしなみにも気を遣うようになりました。

40代半ばでやっとVIOと襟足のレーザー永久脱毛を決意


40代半になると頭髪に白髪も増えて来ていて、幸いなことにデリケートゾーンにはまだ白髪が無かったので、今のうちだと思い、インターネットで調べて、医療脱毛、つまり医師のいるクリニックでアンダーヘア、VIOをレーザーでの永久脱毛することにしました。


実は、私がVIOの永久脱毛を決意した理由は、水着になったり、温泉で恥ずかしいということもありましたが、それ以上に「VIO脱毛をやりたかったから」です。

その時は、介護のことや、もしも事故に!なんて全く頭になかったです。


若い頃から毛の無い身体に憧れていたというか。
今なら、それが手の届く金額で出来ると思ったのです。

鏡に映った時に、余計なものが無くてスッキリした身体を見たかったからです。

ボーボーと真っ黒なその状態を見るのがとても嫌だったのです。
剃っても1日で黒いブツブツが目立ち、情けないというか、見たくないというか。

Iライン、Oラインの部分については具体的には書きませんが、トイレの時に困ることもありますよね。
デリケートゾーンに毛があると、衛生的にも良くありません。

そうゆうわずらわしさから解放されたい、綺麗な自分でいたいと思ったのです。


実は、多くの人が心の中でそう思っているんじゃないでしょうか?



そして、全て脱毛してしまうのは何か子供のようで逆に恥ずかしいなと思い、Vラインの部分は中心部だけトライアングルに少し残して、IラインとOラインは全て施術してもらいました。
毛が濃い私の場合はかなり広い範囲を施術することになったんです。


脱毛期間はVIOから始めて襟足を含め約1年半


すでに10年くらい前の話なので100%が覚えていなのですが、2、3か月に1度の通院でVIOは1年くらい通いました。

途中で襟足の脱毛も始めたので全部で約1年半くらい通いました。

施術中に軽い痛みはあるものの、我慢できない痛さではありませんでしたし、やけどやシミもできることがありませんでした。

もちろん施術はお医者様の元で看護士さんが行ってくれました。
どの方も私よりもずっと若い女性達でしたが、私がリラックスできるようにごく普通に接してくれたので、恥ずかしいという気持ちになることはありませんでした。



今は施術した部分は一切生えて来ないので、波乗りで一年中水着になっても全く気にする必要がありません。
水着だけでいるのは着替える時だけですけどね。

ただ夏はシュノーケリングもしますから、その時はしっかり日焼け止めを塗ってビキニで海へ入ります。

温泉へ行っても堂々としていられます。

現在も毛が生えることは全然なくて、もちろんはみ出る心配は皆無、とても快適に過ごしています。


襟足は脱毛の盲点!


残念だったのは、アンダーヘアはまだ白髪がなかったのですが、襟足は白髪が目立つようになってしまい、襟足は早目にやっておくべきだったことです。

襟足って結構目立ちます。
髪をアップした時にうなじの綺麗な人ってセクシーですよね。


毛が濃い私の襟足は、さわやかな襟足には程遠い、ボサボサ状態でした。
2日に1回はカミソリで剃っていたのですが、白髪になる前に襟足もレーザー脱毛できることを調べておくべきだったと後悔しています。


襟足をクリニックでレーザー脱毛した時にはすでに白髪が1/3ありました。
その分は脱毛できていないのです。
レーザーは黒い毛根にしか効果がありませんから。

ですので、今でも襟足には白髪が生えてきます。
なので、ほぼ毎日カミソリで剃っています。
それでも、あの時永久脱毛やっておいて良かったと思っています。

でなければ、襟足は真っ白な毛がボーボーだったでしょう。
今はそこまでひどくありません。
もちろん脱毛していてもしていなくても、毎日剃ることには変わりませんが。


今や老若男女、誰でも脱毛は当たり前?


現在50代後半の私が10代、20代だった頃って、まだまだ医療脱毛や脱毛サロンって本当に敷居が高かったです。
まだまだインターネットも無い時代で、TVCMもほとんど無くて、脱毛の情報はせいぜい女性週刊誌くらいだったのではないかと思います。


値段も最終的にいくらになるかわからないという怖さもあって、どうしても足を踏み入れることができなかったです。


それを考えると、現在は本当に良い時代です。
ネットで医療脱毛やエステ脱毛(サロン脱毛)についていくらでも情報が手に入りますからね。

家に居ながらにして医療脱毛とエステ脱毛(サロン脱毛)の違いを学んだり、脱毛クリニックと脱毛エステサロンとの比較検討が簡単に出来てしまいます。
そして多くのクリニックやエステサロンが参入したことにより単価もかなり低くなっていて、それゆえ料金設定もはっきり提示されていることで安心感もあります。


今の若い女性達が羨ましいです。
いや、女性だけじゃないですね、男性もです。


うちの息子も髭脱毛とか行ってますからね。
特に筋トレで身体を鍛えている人たちの中では、脇や胸毛、すね毛を処理している男性も多くなっています。

ムダ毛は女性だけ出なく、今は多くの男性も気になるトラブルのようです。


と、なんかやたら前置きが長くなってしまいましたが、ムダ毛が気になるのは何も若い男女だけではありません。


40代、50代でも永久脱毛は遅くない

私たち40代、50代でももちろん気になります。

脱毛については友達や知り合いとはなかなか話すことができないナイーブな問題ですよね。

先ほど今はインターネットで脱毛のことも簡単に調べられると書きましたが、こと脱毛に関してはあまりに情報が氾濫していて、ブログ記事でも書いている人が本当に脱毛を経験して書いているのかわからないような情報も多いです。

どれを見れば良いか、またどれが真実なのかがわからないカオスの状況にあります。


脱毛エステサロンはエステ脱毛(サロン脱毛)の良さをアピールしますが、医療機関も医療脱毛の良さしかアピールしません。


そこで今日は、VIO脱毛経験のあるノーティが自分の経験を元に、現在ネットに氾濫している脱毛事情を分かり易くまとめてみました。


医療脱毛と光脱毛の違い

医療脱毛とは


医療機関で行われる脱毛を医療脱毛といい、一般的にはレーザー脱毛を指すようです。
それに対して、エステサロンで行われる脱毛をサロン脱毛またはエステ脱毛と呼ぶようです。


レーザーは黒いものに反応するということは耳にしたことがあると思います。
医療レーザー脱毛器機をあてるとメラニン色素がレーザーに反応し、ムダ毛を生やす毛根組織を破壊するため、永久的に毛が生えなくなるのです。


医療機器を使う施術は医療行為ですから、国家資格を保有する医師や看護師しか施術できない脱毛方法です。

強い光を取り扱うため、安全にレーザー脱毛が受けられる医療機関でしか受けられません。

医療脱毛の効果
  • 医療レーザーを当てられた毛根は破壊されますので、二度と生えることはありません。


しかし毛は1本1本バラバラのタイミングで生え、それぞれ成長期、休止期、退行期があります。

それを毛周期(毛のライフサイクル)と呼びますが、レーザー照射は当てた部分の成長期にある毛だけに効果があります。

つまり、成長期以外の休止期と退行期に当たる毛には効果がないのです。

そのため、今回照射した場所で休止期だった毛が成長期に入った時にも照射する必要があるのです。

このように、全ての毛を脱毛するには、同じ場所に数回照射する必要があるのです。

また、毛周期には個人差があるので、照射回数や期間も個人によって変わってきます。


※毛周期については医療脱毛、エステ脱毛(サロン脱毛)どちらも同じことが言えます。


原理
黒色、または茶色に吸収される波長のレーザーを皮膚に照射することで、毛や毛根、周辺組織にダメージを与え、脱毛する[1][2]。また、毛のライフサイクル(毛周期)のうち、成長期に照射した分のみが永久的に脱毛されるといわれる。これは、毛根に対して十分な熱量が与えられるのがこの期間に限られるからである。
表層に出ている毛は15~20%程度であり、80~85%は休眠状態である。
照射周期
毛周期のサイクルの下で脱毛する必要があり、また肌の回復を待つ必要があるため、身体の場合には2~3ヶ月ごと、顔ヒゲの場合には1ヶ月ごとの周期でする必要がある。保湿を怠ったり、日焼けなどをしてしまった場合には、この限りではない。
毛が抜ける時期
レーザーの種類にもよるが、おおむね2週間(1~4週間)ほどかけて、少しずつ抜けていく。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BC%E8%84%B1%E6%AF%9B


医療脱毛のメリット
  • お医者様がいるクリニックですので、施術中、施術後に何かあった場合はすぐ対応してくれるという安心感が一番大きいです。
  • 症状によっては薬を処方してくれます。

  ノーティの場合初回の時に塗り薬を処方してもらいました。

  • 照射出力が強いため、光脱毛に比べて少ない回数、短い期間で永久脱毛ができます。
  • 医療レーザーを照射すると熱が肌内部を刺激し、肌にハリと弾力を与えるコラーゲンの生産を促し、美肌効果も期待できます。

  ノーティの場合VIOなので美肌になったかはわかりませんが、ツルツルになりました。^^


医療脱毛のデメリット
  • 料金設定は各クリニックでマチマチ。
  • クリニックが家の近くに無い人もいる。

  ノーティの場合都下から都心へ通いました。

  • 定期で通えない場所の場合は交通費がかかる。
  • 痛みがある。

  ノーティの場合:確かに、1回の施術で輪ゴムでたたかれるような痛みが何十回もあるわけです。
  場所を変えてレーザーを当てるので、1回の通院で診察台に上ってから照射が完了するまでの時間は30分~60程度。
  ※照射する場所や部位数により、一回の施術でもっとかかることもあります。


光脱毛とは


光を照射すると毛のメラニン色素が反応して毛根に熱ダメージを与えます。(破壊はできない)

毛根はダメージを受けて毛の再生能力が衰え、徐々に毛が生えなくなるのです。
つまり、厳密には「脱毛」ではなくて「減毛」であり永久脱毛ではなく、ダメージを受けた毛根から毛を生えにくくし、生えても細くなるという施術です。

使われる光脱毛器機は医療機器ではないため、医師のいないエステサロンでも使用可能です。
(毛根を破壊できるのは医療施設で使用する医療機器のみ)


光脱毛の効果は?
  • レーザ―脱毛と比べると施術回数と時間がかかりますが、根気よく通うことで毛が生えにくくなります。

一般的に光脱毛が完了するまでに18~20回くらいの施術が必要とされています。


光脱毛のメリット
  • 照射パワーが弱いので、痛みや皮膚への刺激があまりない。
  • 一回の施術に掛かる費用が安い。

キャンペーンでかなりお安く受けられることがあります。
施術できるサロンが多く、チェーンで行っているサロンが多いため、通い易い。


光脱毛のデメリット
  • 光脱毛は永久脱毛ではない。
  • 医療施設で使われるレーザーと違い毛根に十分な効果を与えることができず、脱毛できたことを実感するまでには施術回数が多くなり、脱毛に掛かる時間が長期化します。

一般的に、1~3か月に1度の通院を2年半~3年と言われています。

  • 施術回数が増えると医療脱毛よりも割高になる。

安全に脱毛するために


医療脱毛でもサロン脱毛でも、トラブルが無いとは言いきれません。

消費者へのアドバイス
エステで受けることのできる脱毛と医療機関で受けることのできる脱毛の違いをよく理解しましょう。
•脱毛を受ける場合は、ホームページや広告の情報をうのみにせず、自ら十分な情報収集を行うとともに、施術前にリスク等に関する説明を十分に求めましょう。
•脱毛により危害を受けた場合は、速やかに医療機関を受診するとともに、消費生活センター等に相談しましょう。

なくならない脱毛施術による危害(発表情報)_国民生活センター


インターネットから予約する場合は、来院・来店当日に即施術するのではなく、当日は施術に関する説明を受けるだけにして、その後良く検討してから施術の予約をするようにできると良いですね。


最近は全身脱毛が主流---インターネットから予約ができる医療脱毛施設とエステ脱毛施設


現在インターネットからカウンセリング予約ができる医療脱毛と(またはサロン脱毛)が出来る施設を探してみました。
最近は部分脱毛ではなく、全身脱毛が主流のようです。

お値段的には10年前に私がVIOレーザー脱毛を受けた頃よりも格段にお安くなっていますね。。。
羨ましい。。。( ノД`)シクシク…


私が受けた時は、医療脱毛で毎回15,000円~25,000円くらいかかっていましたが、現在の全身脱毛のコースと変わりありません。

この際ですから、全身脱毛をするのも良いかもしれませんね。

医療脱毛 or エステ脱毛 施設 特徴
医療脱毛 アリシアクリニック ・院数:19院
池袋、新宿西口、新宿東口、表参道、渋谷、銀座、上野、横浜、船橋、大宮、立川、町田、銀座6丁目、川崎、千葉、柏、大阪(心斎橋)、梅田、名古屋駅
・WEBで無料カウンセリングの予約可、相談のみOK
・予約が取りやすい
・初回施術は別の日に予約、当日施術も可能
・予約のキャンセル・変更が無料
・全身医療脱毛に力を入れている
医療脱毛 脱毛の窓口東京クリニック ・2020年3月1日にオープンした新しいクリニック
・平日21時まで営業
・追加費用が一切かからない
・超大口径の照射面でハイスピードの施術が可能
・蓄熱式脱毛で痛みが極めて少ない
・有効期限を設けず、自分のペースで通える
・いつでもコースの解約が可能
※中途解約時には所定の手数料がかかる
エステ脱毛 「選べる部分脱毛」 ・全世界58店舗
・最先端S.S.C.脱毛とSHR脱毛、2つの機械でスピード脱毛が実現
・独自の冷却クーリング機能で「痛くない!」
・日本初の全身脱毛専門店だから「全身脱毛症例数約3万件」の実績
・効果がなければ全額返金制度
 「返金保証」「お客様キャッシュバック制度」も充実
・ドクターサポート全額保証
エステ脱毛 ミュゼ ・安価な料金で脱毛回数無制限コース有
 (回数制限があるコース有)
・追加料金は一切無し
・全国各地に多数ある店舗のサロン間移動可
・超高速脱毛マシンで脱毛スピードアップ、美肌効果、冷却機能で痛み大幅減
・アプリで24H 予約・変更可

誰にも見せずに脱毛したいなら、絶対良いシェーバーが欲しい!


でも、クリニックやエステサロンでの脱毛は何となく不安だとか近くに無かったりして、通うのは難しいという方は、おうちで手軽に脱毛するのもありですよね。

最近はこんな便利な商品もあるみたいです。


  • 吸毛ヘッドで剃った毛が落ちない
  • 面が広い可動式ヘッドなので一度に広範囲に剃れる
  • 純チタン加工なので金属アレルギーの人も使える
  • もちろん防水は万全
  • 充電式なのでコードが邪魔にならない


頻繁にお手入れしないといけませんが、手軽さ、誰にも見られず脱毛できるというメリットがありますよね。

また、クリニックやエステサロンで脱毛中の場合は急なお出かけの時に役に立ちそうです。



ノーティはお医者さんのいるクリニックで施術を受けましたが、医療脱毛、エステ脱毛(またはサロン脱毛)両方のメリットとデメリットを比較した上で、ご自分に合う方法で脱毛を行ってみてはいかがでしょうか?

突然のお出かけに備えて良いシェーバ―もあると安心ですね。



アンダーヘアや襟足が白髪になる前に、永久脱毛処理しちゃいましょう♪





いかがでしたか?
この記事が皆さんの脱毛をどうするかについての参考になれば嬉しいです。(*^^*)



それでは♪


challengemom.hatenablog.com



challengemom.hatenablog.com
challengemom.hatenablog.com
challengemom.hatenablog.com