50代シングルマザーのチャレンジ人生

人生も後半、下流老人にならないため、人生をもっと豊かにするために奮闘する50代女性のブログです。

シックスパックス腹筋チャレンジの結果報告♪ 50代女性でも腹筋を割れたのか?


こんにちは、年末のお休みに入っても昨日は午前中に海へ、午後はお掃除と、いつもと変わらぬルーティンのノーティです♪

この2週間ほどストロング系酎ハイ絶ちをしているためか、受験を一通り終えた解放感からか、これまでは週一プラスたまに筋トレでしたが、受験後はやる気が出て筋トレやフィットネスを毎日欠かさず行うようになりました。

シックスパックス腹筋チャレンジの結果報告♪ 50代女性でも腹筋を割れたのか?



「シックスパックス腹筋チャレンジの結果報告♪ 50代女性でも腹筋を割れたのか?」


さて、とうとう12月も終わりとなり、そろそろシックスパックスチャレンジの結果をご報告したいと思います。

シックスパックス腹筋チャレンジに至るまで

10月の初めにこのような記事を上げました。

challengemom.hatenablog.com


13年も筋トレしているので、チャレンジ宣言記事の写真を見てもおわかりの通り、腹筋はすでに結構鍛えられてる方だったと思います。


でも筋トレしてるんだから筋肉付けるために食べないと!と自分勝手な解釈をして好きな物ガンガン食べてたんですよね。
何度も書いてますけど、このチャレンジを始める前は、毎日のように夕飯前にスーパーで買ってきた生クリーム系のスウィーツや菓子パン、昼食にはチキンラーメンやタイラーメンを食べてたんです。


10時や3時のおやつ、それ以外の時間にスナックやお菓子を食べる習慣はありませんでしたが、たまに無性にポテトチップスやチョコレートを食べたくなって食べることはありました。
もちろんそうゆう時は一袋全部食べちゃいます。


話題沸騰!あのライザップが自宅で!?



自分は筋トレしてるから少しくらい大丈夫という過信があったんです。


毎年夏がくると、「あ~、春頃からもう少し節制しておけばよかった」と反省していたわけです。


今年、将来のことを模索するようになりブログを書き始め、様々なことについて、書くことで自分を律していこうと考えました。


筋トレのことを記事にしながら、ふと思い起こすと13年も筋トレしてるのに、腹筋が割れた状態になった時期があった記憶は数回しかないんです。
体重もいつの間にか53kg代が定着してしまっていたし。



シックスパックス腹筋チャレンジを決意した理由

腹筋女子の存在


そこでここ数年ネットやTVで話題に上る「腹筋女子」に触発されたこともあり、意を決して50代女子のシックスパックスを目指してみたわけです。
今年、若い女性達は鍛えなくてもスレンダーでお腹周りも張りがあってすっきりと縦線が入った魅力的な腹筋を、海水浴場やプールだけでなく、夏には水着かと思うようなお腹見せファッションで大胆に見せていましたよね。


50代で腹見せファッションはできませんが、海水浴場やプール、温泉へ行く機会はありますよね?
その時に堂々と見せられるお腹が欲しいと思いました。


腹筋に限らず、努力によりダイエットに成功して身体が軽くなることは、間違いなく自分に自信をもたらしてくれるはず、そうも思ったのです。





ストイックなフィジカー達

またもうひとつ理由がありました。


筋トレ13年やっていても、「女性なんだからそんなにストイックにやる必要もない」、「体型維持できれば良い」、そんな風に思って筋トレメニューはある程度固定されたメニューを入れ替えるくらい、重量ももう何年も上げることを考えずにルーティンとして筋トレしてきていたんです。


最近Youtubeを良く見るようになって、主に筋トレ動画を見るんですが、男性のフィジーク選手達のトレーニング、食事の内容、筋肉を増やすため、または筋肉を落とさないでギリギリまで減量するためにどうしているかなどの動画を見ると、命がけでやってるんじゃないかというくらいストイックなんです。


彼らはコンテストまでに体脂肪を5%程度まで落とすのです。
私は簡単に書いてますが、体脂肪5%にするために、減量期の最後の頃はお腹が減り過ぎて夜寝れなかったり、頭がフラフラするほどの状態になりながらトレーニングするのです。


【超本格】自宅でここまで細くなれる!!


食欲という欲望と闘いながら目標達成するためには、強靭な精神力が必要となります。

コンビニへ入ればすぐにでも食べたいものが手に入るんですから。


その精神力は筋トレをすることで培われるのです。


彼らはコンテストに出場して減量期が終わると、今度は一転して増量期に入ります。
増量期と言っても何でも食べて良いわけではなく、今度は筋肉を大きくするための食事をしていくのです。
増量期には好きなものを食べる機会もあるでしょうが、基本は脂質の少ないお肉やお魚卵を中心に炭水化物と良質の脂質を、計算して自分の身体に適切な量を計って摂取するようです。


コンテストから逆算して増量期、減量期を設定し、食品の量をしっかり計って食事を摂る、1年中食事管理が欠かせません。




フィジカーのダイエット動画


ここでプロフィジカーの、私たちにもためになるダイエットの基本動画をご紹介します。


こちらは I' body Jin さん
私の大好きなプロのフィジカーJinさんです。



こちらは Kanekin Fitness さん
カネキンさんもプロです。
身体に似合わない柔らかい話し方がとっても好きです。




フィジカーの皆さんに触発されて、自分ももっと筋肉と身体のことを学べばもっと良いボディメイクができるんじゃないかと感じるようになったことも、チャレンジ宣言した理由のいひとつです。




シックスパックス腹筋チャレンジの結果報告


お待たせしました。
今朝の腹筋をお見せします。


ノーティの現在の腹筋(2019年12月29日の腹筋)

50代筋トレ女子50代女性58歳の腹筋1
2019年12月29日現在58歳の腹筋1

50代筋トレ女子50代女性58歳の腹筋2
2019年12月29日現在58歳の腹筋2

155cm 体重48.6kg(2019年12月28日時点)

50代筋トレ女子が4.4kg痩せました
2019年12月28日現在の体重


足がきれいじゃないですよね。><;
夏の日焼けが残ってるのと、足首から下は今も日焼けしてます。。。


話題沸騰!あのライザップが自宅で!?



チャレンジ前のノーティの腹筋(2019年7月26日の腹筋)

比較できるよう、前回の写真を載せておきます。


50代筋トレ女子50代女性57歳の腹筋痩せる前
2019年7月26日現在57歳の腹筋

155cm 体重53kg(2019年8月末時点)



一応、これは58歳女性の腹筋です。( ;∀;)
3つ目はまだ57歳でした。

なので、下腹部の多少のしわはご了承ください。(>_<)



もう少し横線(腱)をはっきりさせることができると考えていましたが、チャレンジ中盤まで筋トレも食事制限も緩過ぎたと反省しています。
2つの簿記検定と重なっていたので筋トレに時間が取れなかったこともありますが、どちらかと言えば食事が緩過ぎましたね。


最初からアルコールとスイーツは週1くらいのペースで進めればもう少し良い結果が出たように思います。



チャレンジ前はお腹の前面が明らかにふっくらしていて横線(腱)は見えませんでしたが、現在はスッキリしていると思います。
腹筋は横の線(腱)が薄っすらと見えています。

体重は53kgから48.6kg、4.4kg 落とせました。


4か月前の自分より恰好良くなれたと思っています。






実際には筋トレは13年前からやってましたので、運動をされていない人にしてみれば出来て当然だよね~とのご意見もあるかと思います。


逆を言えば、40代半ばからでも筋トレを開始すれば50代になっても、これくらいにはなれるということです。

現在50代の女性でも、今からでも少しずつ筋トレと食事制限を始めれば、1年あれば見違えるように軽くすっきりとした身体になれるはずです。
特に筋トレ初心者の方は、眠っていた身体が目覚めたかのように、筋肉の成長が早くて脂肪燃焼も進みます。


背が低く手足も短い骨太で下半身が太いがっちり体形の私でも、これくらいの身体になることができました。
若い頃スタイルが良かった人なら、筋トレをマジでしっかりやり、合わせて食事制限をしたら、とても格好良くなること間違い無しですよ。(^^)







私のようにもともとスタイルが良く無い人だって、今の自分よりもシェイプアップされた身体に変身することはできますよ。


身体を鍛えたい、ダイエットしたいとお考えの方は、是非とも筋トレと食事制限の二本柱でボディメイクを初めてみてくださいね。(*^^*)



私も、せっかくここまで続けたシックスパックス腹筋チャレンジなので、引き続き頑張ってみたいと思います。


実は、これまで面倒で体重計の個人設定をしておらず、体脂肪率を表示させることができなかったのですが、先日ネットで調べて設定をしたのです。


そこで残念な数値を見ることになってしまい。。。

それがこちらです。

これは今朝の体脂肪率です。


58歳筋トレ女子の体脂肪率、腹筋割れてても24.3あります
2019年12月29日の体脂肪率

体重 48.6㎏
体脂肪率 24.3 って。。。。( ;∀;)

これはタニタの体重計で、Amazonのレビューではタニタの体重計の体脂肪率は数値が甘い(少なく表示される)とのレビューが多いのですが、それを信じるとすれば、私の数値は???


私自身体重や体脂肪率はあまりあてにしていなくて、見た目で判断するようにしているのですが、ブログに載せるためには数値を出さないと信ぴょう性が下がると思い、今回のチャレンジではきちんと測った数値を載せるようにしているわけですが、さすがにこれはちょっとショックが大きいです。


ただ、良い方に捉えればまだまだ体脂肪が多いわけで、あと3、4kgは落とすことができると考えられます。
もしくは、体重を減らさずにもっと筋肉量を増やすということもできますよね。


なので、この体脂肪率は腹筋だけでなく身体全体を絞って身体を軽くできるよう、引き続きトレーニングと食事管理を行っていくためのモチベーションにしたいと思います。



一旦体重は増えるかもしれませんが、夏までにはまた減量してもっとくっきりとしたシックスパックスを目指したいと思います。

途中経過はいずれまたご報告いたしますね♪


【超本格】自宅でここまで細くなれる!!



未来の自分を想像してみる

世の中には70歳、80歳になっても筋トレをしていて立派な身体を作っているおじいちゃん、おばあちゃんが、たくさんではないけれど、確実に存在します。


筋トレして筋肉があるからすごい!というのではなくて、その年齢でも筋トレができる健康な身体なのは単にラッキーだっただけでなくて健康的な食事や生活をされてきたからで、またそうできる強い意志と筋トレを趣味と生きがいとして人生を楽しめている、その生き方が素晴らしいと思うのです。


その方達のように、自分も80歳になっても元気でトレーニングしていられるように、これからももっと筋肉や身体、健康について学んでいきたいと考えています。





50代後半ノーティのシックスパックスへのチャレンジは1ラウンド終了となりましたが、いかがでしたか?


実はすでに肉体面での新たなチャレンジも初めています。
そちらはまだまだ開始したばかりですので、しっかりと軌道に乗ったらまたご報告記事を書きたいと思っています。


乞うご期待♪


これを読んで筋トレを初めて見ようと思われた方は、ぜひこちらも読んでくださいね。(*^^*)

challengemom.hatenablog.com
challengemom.hatenablog.com
challengemom.hatenablog.com
challengemom.hatenablog.com
challengemom.hatenablog.com
challengemom.hatenablog.com
challengemom.hatenablog.com
challengemom.hatenablog.com
challengemom.hatenablog.com
challengemom.hatenablog.com
challengemom.hatenablog.com
challengemom.hatenablog.com
challengemom.hatenablog.com
challengemom.hatenablog.com

それでは♪